AGAにシャンプーやマッサージは意味なし!ハゲるよりEDの方がマシだって

ハゲ隠しがやばい
7000人以上のAGA患者を診てきた頭髪治療の第一人者の東京メモリアルクリニック・平山、佐藤明男院長の話によれば「AGA(男性型脱毛症)の原因は99%は先天的な遺伝」と断言。

AGAの患者の51%は「父が薄毛だった」というから、後天的なストレスや環境などの影響は少ないと考えられるようです。

シャンプーやマッサージ、食事や生活習慣で予防は不可能

ストレスで髪が抜ける事はあるがそれは円形脱毛症で、AGAは必ずしもストレスや暴飲暴食のような生活習慣とは関係しないと佐藤明男院長は語っています。

頭髪治療の第一人者の発言だけに信用度は高い。

また、シャンプーも関係がないとも語っています。
江戸時代の人は月に1度くらいしか髪を洗わず、皮脂がたまり放題であるが、それでも髪が抜けることはなかったとも。

頭皮のマッサージも過度にやりすぎると、逆に頭皮にダメージを与え脱毛が進行する恐れがあるという。

となれば、AGAは自身でいくら努力しても予防や改善は難しいと考えられます。

AGAにはやっぱり、薬が1番効果的

フィナステリドが配合される薬は日本では「プロペシア」などの商品名で販売されていますが、「プロペシア」を服用すると男性ホルモンが抑制されEDになるという噂もありますが、実際には髪に影響するのは、主要な男性ホルモンのテストステロンに5α(アルファ)リダクターゼという酵素が活性化し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化。

このDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルに影響し、髪が抜け落ちてしますのです。

フィナステリドは5αリダクターゼの活性化を抑制し、DHTへの変化を防ぎます。

フィナステリドを服用して、EDになった方もおられるようですが、実際にはほとんど関係がないようです。

ハゲるより、EDの方がマシだ!という若者も多いと思われますが、フィナステリドを含むプロペシアなどを服用してもEDにはほとんどないようなので安心してもらいたい。

もし、父や親族にAGAと思われる方がいて、自身も生え際や頭頂部が少し気になりだしているなら早めにプロペシアなどの服用を開始するのをお勧めしたい。

頭皮専門医院や皮膚科などで処方してもらえます。
費用は1か月8000~9000円程度。

もし、病院に行くのは恥ずかしし、もっと安く治療したいというなら、輸入代行を行ってるサイトで購入も可能だ。


アメリカ版なら5500円程度で輸入代行してもらえます。
ジェネリック薬なら半額程度。

コストを抑え治療したいなら、輸入代行店の利用も選択肢の一つでしょう。

しかし、一度は専門医院で診察を受けるのがベストでしょう。

進行してしまったAGAにはやはり、自毛植毛がベスト

佐藤明男院長が語られるようにフィナステリドを含むプロペシアなどの内服薬がAGAに効果的であるのは実証されています。

しかし、進行してしまった生え際や頭頂部は元に戻ることはありません。
産毛程度でも残っていれば、毛髪が元気になる事はありますが、完全に抜け落ちていればもうそこから生えてくることありません。

そうなれば、社団法人日本毛髪科学協会が推奨するフィナステリドの次に推奨している「自毛植毛」でしか、改善することはできません。

また、フィナステリド(プロペシア)を服用しても全く改善しない場合も現在の所、自毛植毛でしか髪を復活することはできません。

自毛植毛は一度に必要な費用は高額ですが、一度生えてくるともう二度と抜け落ちる事はない治療法です。

内服薬を一生飲み続ける費用を考えればコストパフォーマンスの高い治療法でしょう。

【当サイトのお勧めクリニックは】
「アイランドタワークリニック」自毛植毛専門クリニック

当サイトからのリンクで申し込めば、基本治療費が50%OFFになります

湘南美容クリニック
自毛植毛以外の治療法も様々選択でき、女性も安心して薄毛の相談ができるクリニックです。
TOMクリニックへ
湘南美容クリニックと同じ、ロボット植毛のARTAS植毛を採用、自毛植毛の症例数は少ないが、薄毛治療の専門病院です。
低料金で安心できるクリニックです。

参照元:日経ビジネス

コメント

タイトルとURLをコピーしました