2020年iPSと自毛植毛で「ハゲ」がいなくなる?!

京セラと小保方さんで有名になった、理化学研究所が「毛包器官再生による脱毛症の治療」の共同研究を発表。
比較的脱毛の少ない、後頭部などから少量の毛包を採取し、更にそこから2種類の幹細胞を採りだし、その2種類の幹細胞を組み合わせることで再生毛包原基を作り出し、それを約100~1000倍に培養。
それを脱毛した場所に、自毛植毛と同じ原理で植毛する薄毛に悩んでいる人達には夢のような研究だ。
2020年の実用化に向け研究を進めているようです。

採取する株(グラフト)が最小限に抑えられるので傷や痛みも軽減

現在の自毛植毛はFUT(切る自毛植毛)とFUE(切らない自毛植毛)がありますが、どちらも移植する部分の広さに応じて、脱毛されにくいとされる、後頭部や側頭部から株(グラフト)を採取します。

当然、採取した株(グラフト)以上を移植することができません。

しかし、今回の研究が成功すれば必要最小限の株(グラフト)を採取し、培養して増やすことができるので採取部の傷や痛みも最小限に抑えることができます。

また、培養には時間がかかるとされているので日にちを分けての手術になると思いますが、トータルの手術時間は短縮されるはずです。

さらに、培養した株(グラフト)は新鮮であると考えられるので生着率も向上されると考えらます。

採取する株(グラフト)が足りない広範囲な薄毛でも自毛植毛が可能に

かなり広範囲に薄毛になり、採取できる株(グラフト)では数が足りないので自毛植毛をしてもフサフサまでにはならない場合がありましたが、今回の研究では少量の株(グラフト)を大量に培養でできるため、「ツルッパゲ」と呼ばれる状態の方でも若いころのようにフサフサになれる可能性があります。

自毛植毛したいが、植毛する自毛が足りなくて仕方なくカツラなどで我慢していた方には朗報でしょう。

ネックは価格か!保険診療になれば

現在でも自毛植毛治療は高額な治療です。

iPS技術を利用した、自毛植毛となればさらに高額になることも考えられます。

しかし、全国で1800万人の方が悩む薄毛。若い方なら深刻な悩みです。
もし、この悩みを解消するために自毛植毛が保険診療になれば本当に日本から「ハゲや薄毛」の方がいなくなるかもわかりませんね。

この研究、早く実現してもらいものです。

■当サイトで自毛植毛のお勧めのクリニックは
「アイランドタワークリニック」自毛植毛専門クリニック

当サイトからのリンクで申し込めば、基本治療費が50%OFFになります

湘南美容クリニック
自毛植毛以外の治療法も様々選択でき、女性も安心して薄毛の相談ができるクリニックです。

TOMクリニックへ
湘南美容クリニックと同じ、ロボット植毛のARTAS植毛を採用、自毛植毛の症例数は少ないが、薄毛治療の専門病院です。
低料金で安心できるクリニックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました