高濃度プラセンタで毛髪再生できるのか

高濃度プラセンタ 毛髪治療
KANAC美容外科皮膚科クリニックが採用を開始した高濃度プラセンタ 毛髪再生治療は効果はあるのか?
AGA(男性型脱毛症)/FAGA(女性男性型脱毛症)に使用される、フィナステリドの内服(男性のみ)やミノキシジルの外用(男女とも)で効果がない、または内服できない薄毛の方の治療は自毛植毛しかない状況でしたが、もし高濃度プラセンタの頭皮への注入で効果があれば画期的な治療方法になるのではないでしょうか

医療用プラセンタの300倍を頭皮注入

肌がきれいになるとかシミやそばかすが薄くなるなど、美容に効果が高いとされるプラセンタ。
医療機関でもプラセンタは肌に注入したり、点滴などにも用いられ効果を発揮しています。

その医療で用いられる300倍の濃度のプラセンタを頭皮に注入する毛髪再生治療がKANAC美容外科皮膚科クリニックの新しい治療法です。

プラセンタは妊娠時に母体と胎児をつなぐ胎盤から抽出されたエキスで、新陳代謝を活性化させる効果があるとされています。

通常の濃度のプラセンタでも疲労回復が早まったり、肌をきれいにしたりする効果があります。

その300倍もの濃度のプラセンタを頭皮に注入すれば、頭皮の新陳代謝が良くなり、毛髪再生にも効果を発揮する可能性が感じられます。

KANAC美容外科皮膚科クリニックでは高濃度プラセンタの注入前に頭皮にラジオ派+パルス磁場を当てる「ラジオセラピー」で発毛・育毛の効果を高める治療を行います。

内服薬や外用薬で効果がなく、自毛植毛へ踏み切れない方は一度試してみるのもいいかもわかりませんね。

しかし、まだ症例数も体験だも数多くありません、現時点では自毛植毛が一番効果がある、薄毛・抜け毛治療であることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました