自毛植毛症例写真でわかる自分に必要なグラフト数

アイランドタワークリニックの自毛植毛奨励写真です。

自毛植毛、症例実績25,000人を超えるアイランドタワークリニック。
症例写真もたくさん掲載されています。
自分が自毛植毛施術を受ける場合、どれくらいグラフトが必要なのか非常に参考になります。
鏡を見て自分の薄毛に近い人を探せば、植毛するグラフト数の目安になります。
アイランドタワークリニックの自毛植毛は「i-Direct」という独自の技術で生着率が95%以上と技術の高いクリニックなのでデザインも含め、当サイトでは一押しのクリニックです。
実績や症例数の少ないクリニック、または、生着率、定着率を公表していないクリニックで自毛植毛施術を受けようとお考えの方は参考程度にお考え下さい。

「アイランドタワークリニック」で今すぐ無料カウンセリング
当サイトからのリンクで申し込めば、基本治療費が50%OFFになります

生え際が少し後退したM字ハゲの場合の植毛グラフト数は

生え際が少し後退したM字ハゲの場合の植毛グラフト数は

生え際が少し後退した程度のN字ハゲの場合、自毛植毛に必要なグラフト数は
アイランドタワークリニックの症例写真で見た場合、個人差はありますが、800株~2000株程度ではないでしょうか。

頭頂部の薄毛、いわゆるてっぺんハゲに必要な植毛グラフト数は

頭頂部の薄毛、いわゆるてっぺんハゲに必要な植毛グラフト数は

こちらもアイランドタワークリニックの症例写真です。
頭頂部の場合、つむじが少し薄くなっている程度なら、400株程度でかなりの改善が見られます。
薄毛の程度にもよりますが、400株~2000株程度の植毛が必要になります。
M字の植毛よりは少なめグラフトでボリュームが回復できるようですね。

前頭部から頭頂部、全体的に薄くなってしまったハゲの必要グラフト数は

前頭部から頭頂部、全体的に薄くなってしまったハゲの必要グラフト数は

こちらの写真も、アイランドタワークリニックの症例写真を参考にさせていただいています。
前頭部から頭頂部、誰から見ても「ハゲ」と言われてしまうほど全体的に薄毛になった場合、やはり、植毛に必要なグラフト数も多くなります。
できるだけ、多くの株を植毛することに越したことはありませんが、予算と満足できる程度のグラフトを植毛する事がベストでしょう。
最低でも1500株、4000株に近いグラフトを植毛すれば自分の髪を取り戻した実感が得られるのではないでしょうか。

まとめ

今回は自毛植毛で実績と、シェアNo.1のアイランドタワークリニックの症例写真で自毛植毛に必要グラフト数を紹介しましたが、やはり、自己判断ではなく、実際に無料カウンセリングを受けて自分に必要なグラフト数を確認することをおすすめします。
また、AGAで薄毛になっている場合は、自毛植毛した部分以外の箇所がAGAで薄くなる可能性があります。特に生え際だけに植毛した場合、生え際だけ髪がのこり、他の部分が後退していく恐れもありますので、医師と相談して植毛後もAGA治療薬で治療を続けることをおすすめします。

「アイランドタワークリニック」で今すぐ無料カウンセリング
当サイトからのリンクで申し込めば、基本治療費が50%OFFになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました