今、自毛植毛すれば来年の夏には海もプールもへっちゃらに

ご存じの方も多いと思いますが、自毛植毛は施術から3カ月ぐらいから新しい髪の毛が生成し始め、術後6カ月ぐらいから髪の毛が生え始めます。
そして、術後9カ月から太く元気な髪の毛が伸び始め、薄毛が気にならなくなってきます。
12か月経つと本当に薄毛だったのかというぐらい自然な髪の毛になり誰も本当にハゲだったのかわからなくなります。
今は、11月ですが来年の夏まで約8カ月あります。
術後8カ月もあれば髪が濡れても薄毛は目立たなくなるので、今まで薄毛が気になって海やプールに入るのが怖かった人も全く気にせず海水浴や水泳を楽しむことができるようになります。

1年後の自分の姿を想像することが大事

自毛植毛施術を受けた方のほとんどが12か月後にはフサフサになっています。
ちょうど1年後の自分の姿を想像するようにしましょう。
AGA(男性型脱毛症)の場合は、何もしないでいればどんどん進行していきます。
1年後には、生え際がさらに後退し、頭頂部の薄毛は拡大しているはずです。
自毛植毛は自分の髪を高確率でとりもどす治療法になります。
1年後、フサフサで自信に満ち溢れた自分でいるのか、ハゲのせいでビクビクして周りを気にする自分でいるのか想像してみてください。
自毛植毛は高額な治療でなかなか踏み切れない方も多いのは当たり前です。
まずは、自分の薄毛の程度はどのくらいなのか、薄毛専門のクリニックで相談するのが今あなたが行動を起こすベストな方法です。

ハゲのおかげで恋もできない仕事も上手くいかない、そんな風に悩んでいるなら思い切って自毛植毛をおすすめします

大半の女性はハゲは清潔にしていればそんなに気にならない。
そんなアンケートもありますが、ハッキリいって第一印象でハゲよりもフサフサを選ぶ傾向にあるのは確かです。
付き合いを重なることで本当の性格を知りうまくいく場合もありますが、第一印象で省かれるため第二段階へのステップが難しいというのも確かです。
パートナーになってからハゲになってもそれほど女性は気にしないようですが、最初からハゲは敬遠というよりも選択肢に入らないと言うのが本音ではないでしょうか。

仕事でも第一印象が大事なのは当たり前です。
自信がなさそうな薄毛の男性は仕事ができなさそうに見えがちです。
もちろん薄毛の方でもバイタリティーたっぷりに仕事をしている方はたくさんいらっしゃいますが、薄毛やハゲのおかげで自信がなさそうな人には良い仕事が回ってこないと言うこともあるでしょう。

そういった薄毛の悩みで「八方塞がり」だと悩んでいるならほぼ確実に髪の毛が生えてくる自毛植毛は本当におすすめです。

たくさんの事例もありますので、まずは勇気を出して薄毛専門クリニックの扉をノックすることを強くお勧めしたい。

まとめ

髪が薄くなってくると水にぬれ頭皮が透けて見えるのが凄く気になってしまいます。
シャンプー後に自分の頭を鏡を見てゾッとしたことはないでしょうか。
この姿を人に見られるのは本当に嫌なものです。
そんな悩みを解消するには、薄毛治療をするしかありません。
根拠のない育毛剤や民間療法、見た目だけをカバーする増毛などでは根本的な薄毛を解決することはできません。
AGAは早期の場合はプロペシアなどのお薬で治療できる場合もありますが、満足な結果を得られない場合もあります。
自毛植毛は男性ホルモンに影響されない後頭部などからの毛根を薄毛部分に移植する手術になりますので、他の治療に比べ髪が生えてくる確率は非常に高くなります。
確実に自分の髪の毛を取り戻したいなら自毛植毛が最善の治療方法であると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました