自毛植毛するには冬がベスト?!

傷跡隠し
薄毛で悩んでいる方にはいい季節になりましたね。
そうなんです「冬」は、帽子をかぶっていても全然違和感がないんです。
夏にず~っと帽子をかぶっていると、どうしても違和感が、そして「ハゲ」疑惑が浮上してしまうものなんです。

隠さずに堂々としている方もいらっしゃいますが、どうしても髪が薄くなり始めは人目が気になり帽子で隠したり、常にバンダナを巻いたりと「ハゲ」隠したくなるもの。

夏や汗ばむ季節だとどうしてもその光景が滑稽に見えてしまい、逆に薄毛を気に知るんだろうなと他人からは見られています。

しかし、「冬」なれば話は別、髪の毛ふさふさの人でも寒さしのぎに「帽子」をかぶるようになるので、すっぽりかぶれるニット帽なら、見た目はハゲている人なのかそうでない人なのか区別がつかないんです。

冬はハゲや薄毛で悩んでいる方には最適な季節なのかもわかりませんね。

薄毛や抜け毛で悩んでいる方は、薄毛対策で「自毛植毛」も視野に入れている方も多いはず。

そんな自毛植毛も「冬」治療を受ける方がかなりのリスクを減らすことが可能なんです。
それはどうしてなんでしょうか・・・

傷跡を隠すのに帽子が最適


※湘南美容クリニックのマイクロスリット作成風景

自毛植毛はいくら細い穴の開いた針といえ、植毛部分に傷をつけてしまいます。
傷ついた箇所は少量ですが、血が出るのでカサブタができてしまうのです。

1、2か所なら気になりませんが、何百グラフト、何千グラフト用に穴を開けるとカサブタだらけになる場合があります。

一週間もすればカサブタもとれ目立たなくなりますが、隠さなければどうしてもその傷跡が目立ってしまいます。

髪が長い方は目立たないようにセットしたりして隠せますが、短髪の方はどうしようもありません。

そこで登場するのが帽子。

汗ばむ季節なら、帽子をかぶると蒸れてしまって植毛部分にもあまりいいとはいえませんが、寒い冬なら蒸れることもないし、防寒にもなります。

カサブタがとれるまでずーっとかぶっていても他人はなんとも感じないでしょう。

自毛植毛は寒い「冬」にするのがベストなのかもわかりませんね。

お正月休み前に自毛植毛治療の駆け込みも

サラリーマンの方は大抵、お正月休みがもらえると思います。
長く休める方は1週間以上も、平均6日間ぐらいでしょうか。

お休み前、またはお休み1日目に自毛植毛をしようという方も多いようです。

お休みなら傷跡も気にすることはいりません。

休み明けにはほとんど傷跡もわからなくなっているので普通に出勤しても誰にもバレることはないでしょう。

今年のボーナスは無駄遣いを我慢して、薄毛対策に投資して一生の悩みから解放してはいかがでしょうか。

冬なら湘南美容クリニックの早割がお得ではないでしょうか、期間限定でモニター価格で自毛植毛が受けられます。

湘南美容クリニックで無料カウンセリング予約
今すぐ湘南美容クリニックで無料カウンセリング>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました